2012年3月11日 (日)

アコギ サドル調整

Ncm_0171

30年前のギターでも、さすがYAMAHA。
さすがMade In Japanと感心な作りのFG202Dだけど、弦高が高すぎた。
12フレットあたりで約5mm。
半分の2.5mmくらいにしたい。
素人目視でネックの反りは無いとみた。
あとはサドルを低くするしかない。
幸いにもオリジナルの山は段付きではなく、単にまあるい。
これなら素人でもなんとかなりそうなので、
人工牛骨の無加工サドルを購入。
(オリジナルは念の為取っておく)
これをサンドペーパーで高さと幅を削ること30分。
ボディにはめてみると、ちょっと低かったか・・・。
しかし弦を張ってみると、お!ちょうど2.5mmくらいの高さ。
ビビリも無し。
劇的に弾きやすくなった。
手をかけるとさらに愛着が増すのはバイクと同じですな。
しかし疲れた・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

YAMAHA FG-202D

Ncm_0168

ハード○フ巡りで出会って衝動買いしてしまった。
ヤマハのアコギ。
'80〜'83年の30年選手だけど、ヘッドにちょい傷があるだけでたいへんきれい。
当時の定価が20,000円で入門用価格。
それでもMade In Japanのエゾ松トップ(合板だろうな)で、
なかなかいい音がする。
気に入ったのは三角ネック。
ほんとはもっと太いネックがいいんだけど、
小さめのボディだとこれくらいが妥当なのか?
しかし保存状態がいい。
この定価で30年も経っているのに・・・。
大事にするよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

12月8日

今年もこの日がやってきた。
今更ではあるが、今日は面倒なことや嫌なことは忘れて、彼の曲に浸るのだ。
シンプルで正直な声に朝から乾杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

高速ブギ

Rough_boy

岐阜釣行遠征でジワジワ盛り上げてくれるBGMが、ZZ TOP。
特にアルバムEliminatorの曲がお気に入り。
ホットロッドで真っすぐしか走れない感じとか、ホンダのCMで「Zだぜっ」と言いながらやっぱテキサスが好きですぐに帰っちゃうとことか、煩わしいことを置いて高速を走るにはちょうどいい。
ほとんど3コードのブルースなんで難しくないし。
横ノリで肩の力が抜けて楽な気分になれます。
乃木将軍みたいな髭づらでニタニタ笑いながら、冗談みたいな(曲はまじめ)スタンスで生きてる彼らにシンクロしながら釣り場を目指すのも悪くない、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

釣りのお供に

Fairport_convention

Fairport Conventionは事務所裏のバーで薦められて聴き始めた、トラッド(トラディショナル・フォーク)というジャンルのバンド。
トラッドの多くの曲は、誰が作ったかわからんほど古いイギリスやアイルランド・スコットランドの民謡なんだとか。
(サイモン&ガーファンクルで有名なスカボロー・フェアも民謡)
ロッキー山脈を越えるとカントリーになるんだよ、はははっと店長さん。
なかなかこういう曲を聴く機会が無いので勉強になりました。

地味なんだけど、じわ〜っとくる。
この弱々しい女性ボーカルは誰かに似てるなと思い出したのが、ニールヤング。
どちらもこれから釣りに行く!というより、帰り道に合う曲が多い気がする。
(ザ・バーズのイージーライダーのテーマも)
奥飛騨辺りだと白鳥踊りのほうが似合うかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

Now here boy

Ca360819


Ca360820001

クリスマスイメージな六本木ヒルズの映画館で『Nowhere Boy』を観た。
17歳くらいのジョンレノンのオハナシ。
デビュー前の自伝的な本を何冊も読みあさっていたので内容はわかっていたんだけど、本当のお母さんが事故でなくなった後にクオリーメン名義でレコーディングした『In spite of all the danger』の歌詞で声を殺して涙。
まだ観ていない関東在住のマニアなヒトは、是非。
(NowhereをNow Hereに分けるとまったく反対の意味になるダブルミーニングをジョンが狙ったとの情報あり)

仕上げは近くの『六本木キャバーンクラブ』で。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年8月21日 (土)

More

Ca360736


Ca360739


Ca360740


Ca360742

ライターK氏から横田基地で日米友好祭があるから行かないかと。
日本の中のアメリカ。おもしろそうだ。
EARTH SHAKERのライブ目当てでガタンゴトンと電車に揺られ、牛浜駅まで。
バイクの曲乗りとドラッグレーサーの取材をするK氏に付き合いつつ、本場のチアガールを眺めてビールをガブガブ。足長いなぁ。英語できたらなぁ。できてもだめかぁ。と、酔いもいい感じ。戦闘機も装甲車も興味無し。
野外ライブ会場でBON JOVI・Cinderellaのトリビュートバンドのライブが始まった。
取材が長引くK氏を放って、ひとりノリノリ。頭振って。頭振って。My gypsy road can't take me home!
気がつくとまわりに長髪・ロックTシャツの人がちらほら。
暗くなった頃にEARTH SHAKER登場。
TOKYO・FUGITIVE・EARTHSHAKERなどなど、80年代のあの曲この曲。
そしてあのイントロが。きたっMORE。
まわりのテンションも一瞬に変わった。
続けてRADIO MAGIC〜DRIVE ME CRAZYで終焉。よかった・・・。
遠く多摩川の花火も観れて、アメリカの空気をちょっとだけ味わって。
男同士ってのがアレだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 4日 (日)

HeeBeeJeeBee Live at FAB

Ca360681

表参道のライブハウス『FAB』でのHeeBeeJeeBeeライブへ。
いつも賑やかで、「Party!Party!!」なイメージ。お酒も入って自然に体が揺れてくる。
酋長さんのザクザクしたリズムはロックです。
そんなKANAMEさん、いや、酋長さんのプロジェクトHeeBeeJeeBee『出れんの!?サマソニ』にエントリーしています。ポチッとよろしゅう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

KANAME NIGHT FEVER★50

Kanamenite


Ca360618


Ca360617

KANAMEさんの誕生日パーティー(ライブ)を観に新宿Motionへ。
季節外れの寒さとは対照的な熱気で。
キヨシロー師はもういないけど、LOVE JETSでの「気持ちE」はグッときました。
(ヘルメットコスチュームだったけど)
あと、「Should I Stay or Should I Go」。
ロックなKANAMEさん、かっこよかったデス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

残念無念

知り合いに無理をいってAC/DCのチケットを取ってもらっていた。
今日がライブの日だが、前日に寒気と39度の熱が出てダウン。
いまフィーバーじゃないだろと悪い夢をたくさん見ながら寝込んで回復を待つが、だめだった。
12.000円のチケット代もパァ。
それより最後かもしれんAC/DCが観れんとは・・・。
トホホ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧