« アルミの黒ずみ(メモ) | トップページ | 畦地梅太郎 »

2012年2月19日 (日)

DUGアルミケトル

Ncm_0153


Ncm_0152_2

鍋があれば必要ないと、その存在すら意識してなかったケトル。
やかんですな。
嫁がメスティンからカップラーメンの湯を注ぐ時に派手に湯をこぼし火傷をしたため、
こりゃアカンと。
嫁のため、買いました。

秋葉原に行くついでに、神田小川町のグリーンライフスポーツでDUGのケトルをチョイス。
0.9リットルと、この手のケトルにしてはちょい大きめ。
決め手は茶こし。
茶も飲める。網ではないので洗いやすいし。
取手も厚みのあるプラ製で熱くなりにくい。
カップラーメンにコーヒーくらいなら、
鍋よりケトルの方が使い勝手がいいんじゃないかと思えてきた。
汎用性はないケド。

ちょい不満点は・・・
仕上げに不安なMade in china。
ちょっと頼りなさげな薄さのアルマイト処理と、
ふたの直径が70mmなので110サイズのダルマ缶も収納できない点。
部屋使いなら、これでOK。

|

« アルミの黒ずみ(メモ) | トップページ | 畦地梅太郎 »

コメント

家と野天の境がなくなってきたね。

投稿: 菊川 | 2012年2月23日 (木) 22時02分

嫁も同意の上。
キャンプ道具は軽量機能的なので。

投稿: DDライダー | 2012年2月24日 (金) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030945/44183832

この記事へのトラックバック一覧です: DUGアルミケトル:

« アルミの黒ずみ(メモ) | トップページ | 畦地梅太郎 »