« ダッチオーブンとテーブルチューブラル | トップページ | 所用ついでに・・・【雑記】 »

2011年7月 6日 (水)

独身最後の

Ca360923

ケジメとか一区切りとかいうわけではないが、チョンガー最後の釣行はバイクで。
朝4時半。タクシーもまばらな都内を抜けて、高井戸インターに乗る。
行き先は決めず、山梨方面へ。
直前まで降っていた雨もやみ、通り過ぎた雨雲を眺めながら制限速度プラスαでのんびり走る。

藤野PAでサンドウィッチと缶コーヒーの朝食をすませ、トイレに入ると「暖房便座が盗まれました」の張り紙が。いろんな人がおる。

丹波山に向かうならこの辺りで決めなあかんが、上野原ICを通り過ぎ須玉ICを目指す。
ここなら白州か大門、どちらも選べる。
勝沼を過ぎたら、雨。
すぐに川に入れるように上下速乾性の勝負服なので、濡れるにまかせてひたすら走る。
バイクは修行。

須玉ICを降りる頃には晴れてきた。よし。大門川に行こう。
濡れ鼠のまま標高1,000mを越えると、7月でも寒い。
まだ8時前。
入渓点に行くと、やたっ。先行者無し。
ささっと竿を用意して、雨で濁った川へ。
ラインを延ばし、ロングリーダーロングティペットを絡ませながらフライを流す。
無反応。
流す。
無反応。
とうとう滝まで来てしまった。
足跡は無かったので先行者はいないはず。
と、いきなり遊歩道から現れた初老の餌釣師。
「まったくアタリが無い、昨日はいいサイズが出たのに」と言葉のわりに穏やかな口調。
こちらにセカンドハウスをお持ちとか。
いつでも来れる人とは心の余裕が違うので師匠にメールで状況を伝えると、暖かくなる10時からたるみを狙えと。

入渓点よりさらに下り、草むらで朝のお勤めをして再挑戦。
10時ジャスト。
岩肌の苔から湯気が上がり出した。

Ca360925

落ち込み脇を狙うと、一投目にすーっと影が寄ってきてためらいなくフライをくわえこんだ。
軽く合わせると腹の黄色い小さな岩魚。
さすがです、師匠。アドバイス通り。
サイズはともかく、魚の活性が上がったようで期待が高まる。
それからは狙ったポイントで、面白いように釣れ出した。
朝一で入ったポイントでも釣果が上がる。
「居れば釣れるんだよ、ふふふ」と、急に自信を取り戻し、川辺でビールとお手製弁当の昼食を取りながら、緑を眺めつつボーッとする至福。

午後はさらに上流へ。
くるぶしくらいの水深で川幅が1mくらいでも20cmオーバーが上る。
川の音しか聞こえない昼でも薄暗い空間で、岩魚の生命力・神秘性を感じる瞬間。

23と24cmの2匹だけキープして、脱渓。
もうイブニングはいいや。

Ca360926

非力だけど必要充分なTWに戻り、眠気をガマンして暗い中央道をビィーンと南下。
釣りもバイクも一人。楽しんでこれたけどね、今までは。
お土産買って、灯りのついた家に帰宅。乾杯。

|

« ダッチオーブンとテーブルチューブラル | トップページ | 所用ついでに・・・【雑記】 »

コメント

viva viva

投稿: hashi | 2011年7月 6日 (水) 20時30分

いよいよですな。
おめでとさん!

あたりの灯る家、余韻に浸る間もなく日常に戻されるけど、
それはそれでいいもんっすよ。

投稿: 鹿 | 2011年7月 7日 (木) 13時58分

オォ!おめでとう!
楽しそうな日々の予感。よかったね〜。大切にね〜。

子どもができたら一緒に遊ばせよ〜♪

投稿: moheji | 2011年7月 8日 (金) 10時10分

たんと乗ったね、お互いhappy01

投稿: 菊川 | 2011年7月 9日 (土) 13時58分

>hashi
次はキミ?

>鹿くん
実感籠ってますなー。

>mohejiさん
子供はねぇ。まだかなぁ。

>菊川くん
まだまだこれからも。

投稿: DDライダー | 2011年7月11日 (月) 14時41分

イケナイこともタンとしたのう

投稿: オーコンゴ | 2011年8月12日 (金) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030945/40700433

この記事へのトラックバック一覧です: 独身最後の:

« ダッチオーブンとテーブルチューブラル | トップページ | 所用ついでに・・・【雑記】 »