« ヒップバッグ | トップページ | 遭遇 »

2010年9月28日 (火)

丹波川〜大武川支流

太平洋側を台風が通過中の週末。9月末には主な河川が禁漁となるため、悪天候覚悟で丹波山村へ。
釣り人も少ないだろうと踏んでいたのに、主な入渓点には先行者の車が・・・。
支流の一ノ瀬にも入渓が容易なポイントに3台。
しかたなく数百メートル下って、ちょっと急な斜面から入渓。
雨のため、少し濁り気味で魚の警戒心も緩いハズ。
イワナ狙いで流れの緩い場所にフライを落とすと、反応はあるけど小さいのばかり。
Ca360767_2
技術的に越せない滝まで釣り上がって、15cmサイズを一匹のみ。
釣れなくてもいいやと釣り人・登山・山菜採りの車で一杯の泉水谷に移動。
ここは雨でも濁りが無く清々しい渓だけど、いつも釣果は芳しくない。
アタリがほとんどないまま釣り進み、倒木を乗り越え片足を着水したとたん、ツルッと転倒。
全体重が片足に集中したんで、受け身を取ることも出来ずにうつぶせでダイブ。
冷たさと驚きでヒィヒィ言いながら岸へ避難して、ウェーダーに溜った水を抜く。
いつもはリバーパンツなので、転倒時に空気の入ったウェーダーで下半身が浮く恐怖と水が入り始めて沈む恐怖を久しぶりに味わった。
魚の反応も薄いし、ずぶ濡れで寒いしで戦意喪失。
とっとと車に戻って着替え、ビールを飲んでふて寝。
気がつくとアタリは真っ暗。5時間も寝てしまった。
これ以上釣果が期待できないし、薄暗い丹波川支流よりも明るいイメージの釜無川支流へ大移動。
道の駅白州で車中泊して篠沢へ。
ここもやっぱり先行者あり。
魚のアタリはやっぱり少ないけれど、白い川と青い空で気持ちいい。
Ca360772
秋の風にススキが揺れる。
あぁ、今年も終わりだなぁ。たくさん楽しい時間をくれた川に感謝しつつ最後の一匹。イワナ15cm。
来年もっと大きくなってね。
これで終わりにしときゃいいものを、魚がいるか確かめるため大堰堤より先に初めて入り込んだ。
緩い流れの芯にフライを流すと、すーっと魚が追ってきた。いるねぇ。
魚がいることに気を良くして深い淵まで釣り進み、岩の上でタバコを一服していると35cmは越しているだろう大きな魚影が岩陰から出てきた。
縄張りで威嚇しているのか、他の魚を追い回している。

Ca360771

いるとこにはいるもんだとしばらく眺めて、来年こそはと退渓。

|

« ヒップバッグ | トップページ | 遭遇 »

コメント

足が浮くってのはかなり怖いね。
無事で何より。

投稿: 鹿 | 2010年9月29日 (水) 09時17分

ぶざまなあがきを
誰にも見られてなくてよかった・・・。

投稿: DDライダー | 2010年9月29日 (水) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030945/36962700

この記事へのトラックバック一覧です: 丹波川〜大武川支流:

« ヒップバッグ | トップページ | 遭遇 »