« 撥水スプレー | トップページ | A River Runs Through It »

2010年2月11日 (木)

【守る・増やす渓流魚】水産総合研究センター叢書

51k4h2u3i7l_ss500_

副題が『イワナとヤマメの保全・増殖・釣り場作り 』と、渓流釣り場経営に関する内容。
漁業法・水産資源保護法・水産業協同組合法と3つの国の法律があって、これを守らんと逮捕。
都道府県の規則を違反すると注意・警察へ通報・刑事告訴と、おおざっぱに「国」と「都道府県(知事)」の2つのルールがあるそうな。

昭和30年頃から無許可で国有林に入るレジャーの釣り人が増えて、根こそぎ釣っていってしまったと営林署員だった父親から聞いたことがある。
山での作業中に違法者を捕まえたこともあったけど、入山者が後を絶たなかったようだ。
(魚が減ったのはそれだけが原因とはいえないが)
法律や規則で決められるより前に、謙虚に自然と付き合いたいもんですなぁ・・・。

他にも卵からの生存率が1〜2%しかないとか、ヤマメの寿命は2〜3年・イワナは5〜6年とか「ほぉ〜、へぇ〜」と楽しめる内容だった。まだまだ勉強中。

|

« 撥水スプレー | トップページ | A River Runs Through It »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030945/33329823

この記事へのトラックバック一覧です: 【守る・増やす渓流魚】水産総合研究センター叢書:

« 撥水スプレー | トップページ | A River Runs Through It »