« 【われ山に帰る】高田宏(岩波書店) | トップページ | ウェーディングシューズの寿命 »

2010年1月12日 (火)

2010年初釣行は丹沢で

Ca360517

去年からやる気を見せ始めたHケン氏に誘われ、丹沢ホームの管理釣り場へ。
三連休の最終日なのに釣り人はナシ。
貸し切りですなぁ・・・。
受付のにいさんから「川にカワウ除けのペットボトルがあるから避けてください」と言われ、
鵜がこんな山の中にいるのかと驚いた。
Wikiによると一日500gの魚を食うらしい。
中・下流域で魚が減ったため上流でも棲息するようになったとか。

川に入ると20mほど先に大きな鳥がいた。
魚をくわえている。
こんなのが先行してたら根こそぎ持ってかれるんで、ラインをしまい追い立てるように上流へ。
羽を広げて飛び立つと、さらにデカく見える。
緊張感の無い管理釣り場の魚なんかひとたまりもない。
これは先行者より強敵だな。

で、1月の渓流釣りで魚がドライフライに反応するのかというと、しました。
ただ出方がゆっくりというか、だら〜っとしてて釣り上げた後も動きが鈍い。
4匹のイワナを釣り上げて、もういいやという気になってきた。
足指の感覚が無くなる程ちべたい川から上がり、
山から降りてホルモン焼き屋でプチ新年会〜秦野万葉の湯でザブーン&仮眠。
これで去年から続いた釣行は、一般河川解禁日まで一休み。

|

« 【われ山に帰る】高田宏(岩波書店) | トップページ | ウェーディングシューズの寿命 »

コメント

今年の解禁までに鵜を飼いならそう!

投稿: 鹿 | 2010年1月13日 (水) 20時36分

長良川で会おう

投稿: DDライダー | 2010年1月13日 (水) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030945/32953866

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年初釣行は丹沢で:

« 【われ山に帰る】高田宏(岩波書店) | トップページ | ウェーディングシューズの寿命 »