« 雪の八子ヶ峰 | トップページ | トランギア山頂湯沸かし »

2010年1月23日 (土)

シュラフ

Nanga900

秋から春までのキャンプ・車中泊に愛用しているナンガのオーロラ900DXも3年目に。
これまで経験した最低温度は−15℃くらい。アンダーウェアとセーター・起毛パンツの組み合わせに、シュラフの肩と顔部を絞り込み暖かく眠れた。
対応身長が180cmだけど、174cmでちょうどいい感じ。ギリギリの大きさで足先のダウンが潰れると冷えてくるので少し余裕があるといいかも。

透湿性防水の表生地でシュラフカバーいらず。朝に結露や息で表側がうっすら凍っていても、内側は湿ることも無く快適。
冬期の縦走なんかのハードな使い方はしないんで(できないし・・・)オーバースペックだけど、暖かいに越したことはないし、車やバイクでアクセスできる場所ならどこでも寝れる安心感は大きい。
Made In Japanの信頼性や永久保証にもNANGAの企業努力を感じる。
収納サイズは20×37cmでバイクに積むにはちょっと大きいけど、サンバーの限られた荷室ではスペース効率がいいんでやっぱり布団より寝袋が都合いい。
神田のグリーンライフスポーツで購入。

Mountbells

夏は旧型のモンベルU.L.バロウバッグ#5。
これもツーリング・釣りキャンプレベルの使用。
650gでペットボトルの蓋まわり大きいくらいの収納サイズでパッキングも苦にならない。
盛夏の2000m以下でなら使わないことが多いけど、保険として。
表生地に透湿コーティングしてあるんでほんとはやっちゃいかんのだろうけど、中綿なので洗濯機で洗ったりと雑に扱っている。

|

« 雪の八子ヶ峰 | トップページ | トランギア山頂湯沸かし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030945/33094785

この記事へのトラックバック一覧です: シュラフ:

« 雪の八子ヶ峰 | トップページ | トランギア山頂湯沸かし »