« 点の記 | トップページ | 『目で見る日本登山史』 »

2009年6月28日 (日)

森の空気

Ca360318001

6月初めての釣行はやっぱり道志の枝沢。
今回は恵那山ボッカ釣行の予行演習の為、
50ℓのザックにキャンプ・釣り道具を詰め込んで。
故、テーブルなど快適装備はナシ。
普段もファミリーキャンプではないので、
設営にそれほど時間はかからないが、
今日はテントを立てるだけとラクチン。
ささっと釣り支度をして沢へ。

Ca360313

相変わらず荒れているが、
クモの巣が張っていて先行者はいない様子。
しかしさっぱりアタリがない・・・。

Ca360317

夜7時半までねばって10cm以下が2匹。
リリースサイズなんで、
今晩の骨酒はおあずけ。
焚き火でガマン。

Ca360310001

翌日は雲行きがあやしい。
朝6時で気温18℃。長袖でちょうどいい。

午前中はやっぱりさっぱり。
2時前くらいから雨が降り出した。
これはチャンスと、ずぶ濡れになりながら竿を振る。
ようやくお持ち帰りサイズがヒット。

Ca360319001

といっても20cm程度のイワナ。
きれいな黄色い腹をしておりました。
8時間釣りっぱなしでこの釣果・・・。
5cmとかの小物ばかりが上がり、
さすがに嫌になって納竿。

Ca360317_2

こんな淵で20cmほどの魚影が。
ブッシュが多くてフライを遠くに飛ばせず、
アプローチもできんので腰を屈めて近づくがそれでも気づかれた。
「流す釣り」は難しいので、「点の釣り」に徹する。
自然、距離も伸び、岩を乗り越えひっくり返ったりしながら奥へ奥へ。
歩き疲れて釣れないけど、森の匂いがあれば、まぁいいか。

Ca360318001_2

6月くらいの森は、むっとする夏と違って爽やかな空気で軽やかな気分になります。

|

« 点の記 | トップページ | 『目で見る日本登山史』 »

コメント

この次期はクモの巣が凄いよね。
それがイヤなんで林道はしばらくお休み〜。

投稿: 鹿 | 2009年6月29日 (月) 09時35分

ヘルメットに張り付くとうっとおしいねぇ。
他にも芋虫とかグロいのが。

投稿: DDライダー | 2009年6月29日 (月) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030945/30321793

この記事へのトラックバック一覧です: 森の空気:

« 点の記 | トップページ | 『目で見る日本登山史』 »