« 灯油ランタン | トップページ | 雲の切れ間 »

2009年5月14日 (木)

七輪

Ca360281

Ca360280

川崎に住んでいたときは大きなバルコニーがあったんで七輪も安心だった。
危険を承知で下北沢の部屋で炭をおこしたのは、
スーパーで鮎を買ったから。
全ての窓を開けての塩焼き。うまい。炭火焼はうまい。
成魚は草食だけど念の為はらわたを出したが、
もったいないから酔った勢いで臓物も焼いて食うたった。
これが苦くて酒に合う。知った。

それにしてもイワナと比べて愛嬌のある顔ですな。
唇が分厚いからかしらん。
スイカのような匂いも独特。
2尾で300円弱。
小海(長野県)のスーパーではイワナ・ニジマスが500円ほどで売っていたが、
下北沢のオオゼキで川魚は鮎だけだった。
なんでかしらん。

千葉で買った空豆も焼いて安物ワインを。
部屋の中は灯油ランタンと七輪。
隣のロックバーからは酔っぱらいの与太声が。
外の喧噪とは別世界ですな。

食材の味も雰囲気もいい七輪だけど、
残った炭が燃え尽きるまで窓を開けとかんとアカン。
屋内使用でちょうどいい季節は春と秋か。

|

« 灯油ランタン | トップページ | 雲の切れ間 »

コメント

都会の田舎暮らし。七輪と畳一枚で生活できそうですな。

投稿: 茶所 | 2009年5月14日 (木) 20時55分

戒名するように

投稿: ヒマシロヤ○シ | 2009年5月14日 (木) 22時23分

どっか山師が オレが死んだって 言ってるぜ

投稿: ヤマシ | 2009年5月16日 (土) 02時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030945/29602987

この記事へのトラックバック一覧です: 七輪:

« 灯油ランタン | トップページ | 雲の切れ間 »