« 【ゴサインタン―神の座】篠田 節子 (著) 文春文庫 | トップページ | 晴れた日はカブで »

2009年1月17日 (土)

【山人たちの賦】甲斐崎 圭 著(山と渓谷社)

発売日が 1986年で、絶版。
木地師やマタギ、職業的釣り師など当時でも成り立たない山の職人の紹介。
もっと民俗学に寄ったらどうだとアドバイスを受けたとあとがきにあるように、
深く掘り下げた内容ではないが、
あぁこんな仕事・暮らしもあるのかと。

ここで紹介されているのは職能的に残らざるをえなかった、
あるいは経済的な見返りを大きく期待しなかった人たちの記録のようだ。
羨ましいというのはなんだけど、
年末年始の人身事故で電車が遅れるときに、
熊に殺された方が・・・と。
本能的に生き延びようとあがく事で知るのかもしれん。

|

« 【ゴサインタン―神の座】篠田 節子 (著) 文春文庫 | トップページ | 晴れた日はカブで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030945/27205366

この記事へのトラックバック一覧です: 【山人たちの賦】甲斐崎 圭 著(山と渓谷社):

« 【ゴサインタン―神の座】篠田 節子 (著) 文春文庫 | トップページ | 晴れた日はカブで »