« 冬期逃避プラン | トップページ | トランギア »

2008年12月 5日 (金)

【丹沢・山暮らし】中村 芳男 著 どうぶつ社

21572435rbl_sl500_aa140_

禁漁後に通い始めた丹沢の管理釣り場、
丹沢ホーム
キリスト教の牧師が戦災孤児などを引き取り、
育てる為に始めた国民宿舎だと知ったのは、
「丹沢 (日本の名山)」という本だった。

本書は創立者の自伝。
茨城で詐欺にあい、土地を追われ丹沢へ。
戦後の苦しい時代に孤児だけでなく、犯罪者も受け入れたという。

失意からの原動力は信仰心だったのだろうか。
涙々の一冊。

|

« 冬期逃避プラン | トップページ | トランギア »

コメント

受け入れ

投稿: 赤点も | 2008年12月 5日 (金) 12時15分

体操はない

投稿: J組 | 2008年12月 5日 (金) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030945/25926111

この記事へのトラックバック一覧です: 【丹沢・山暮らし】中村 芳男 著 どうぶつ社:

« 冬期逃避プラン | トップページ | トランギア »