« ゴミがゴミが | トップページ | 【岩魚が呼んだ―岩魚と加仁湯交遊録】青柳陽一 著 ごま書房 »

2008年10月 6日 (月)

【山が消えた—残土・産廃戦争】 佐久間充 著  岩波新書

Photo

山が消えた―残土・産廃戦争 (岩波新書 新赤版 (789))

感想:
渓流釣りが出来ないのは千葉県と沖縄県ということを聞いたことがある。
千葉県の山砂採取で山が消え、その跡地に産業廃棄物が埋められた事を知ると、もしかしてそれが原因なのかと勘ぐりたくなる。
地理的な要因もあるから一概にはいえんかもしれんが。
山が無くなるという破壊の現場が見えるのは衝撃的。

山が消えた―残土・産廃戦争 (岩波新書 新赤版 (789))

著者:佐久間 充

山が消えた―残土・産廃戦争 (岩波新書 新赤版 (789))

|

« ゴミがゴミが | トップページ | 【岩魚が呼んだ―岩魚と加仁湯交遊録】青柳陽一 著 ごま書房 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1030945/24305546

この記事へのトラックバック一覧です: 【山が消えた—残土・産廃戦争】 佐久間充 著  岩波新書:

« ゴミがゴミが | トップページ | 【岩魚が呼んだ―岩魚と加仁湯交遊録】青柳陽一 著 ごま書房 »